熊本県の渓流ルアーフィッシング。たまに(?)海も


by up-cross
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

でかいけど

先日38.5㎝の大ヤマメが釣れたポイントへ行ってきました。
あのサイズはさすがに釣れないにしても、尺ぐらい釣れるんじゃないかという淡い期待を抱いて。。

しかし、大雨の影響でかなり増水中。濁りは消えているものの、ちょっと釣りができる状態ではなさそう・・・。
a0135797_18131241.jpg

案の定、キャストしたルアーは思い通りにトレースできず、ストレスが溜まる一方です。
当然ヤマメは釣れず、集中力も欠けてきました。
しかも今日ホントは下流のポイントに行ってみようと思っておったのですが、増水のため渡渉できず断念。

下って来た川を今度は上りながらルアーをキャスト。もう惰性です。
若干水が減ったかな?などと考えながらも惰性で投げたルアーにグググッとアタリが!
やっと目が覚めたように合わせを入れ、久々の引きに少し生き返ったが、途中からバレタか?と思うぐらいシーンとなるこの引きは・・・イダでした。

さらにやる気をなくしながらも惰性でルアーを投げ続けていると、今度は小さなアタリが。
「んもー、またかい」
釣れてるのか釣れてないかもわからないぐらいの引きで、ズルズルと手元まで寄せ、岸から3mぐらいのところでギラッと魚影が見えた!
「エッ!エーッ!?」デカイ・・・と思った瞬間ようやく掛かった魚が暴れだした!
今度はバレないよう手を止め魚をいなす。

近づいてくる魚を見ると・・・「ケッ!ニジマスやんけ!」
a0135797_18283860.jpg

画像では見えませんが、魚体は綺麗でヒレピンでした。サイズは37㎝(笑)デカー

その後、目に見えて水位が下がり、入渓時から20㎝ぐらい減水してました。

また、何匹かチビヤマメが釣れたのですが、綺麗なチビヤマメの写真を一枚。
a0135797_1838911.jpg

放流モンかな?よくわかりませんが、綺麗なので万事OKです。

実はここは意外と下流部なんです。なので、そろそろ水温も上がってきて、釣れなくなるかも。
来年は早めにここを狙っていきたいですね。
[PR]
by up-cross | 2009-06-27 18:09 | 釣り

奇跡

昨日親友・Y氏のじいちゃんの葬式がありました。
私は友人代表ということで葬式に出席させて頂きました。

昨日の今日ですが、なんだか無性に釣りに行きたくなり、夕方から先日泣き尺ヤマメを釣った川へ。

ここは相変わらず釣れません。チビヤマメかイダばっかり。
それでも先日の実績があるので、良型もいないわけではないようです。

先日のポイントを通り過ぎ、流れ込み・淵などを丁寧に探りますが、今日はこれまでチビヤマメ×2、尺イダ×1のみ。
入渓時間が遅かったため、気付くと既に19:20を回っていました。
日が長くなったのもありますが、時間の感覚がたまに分からなくなります。

もう薄暗くなりつつあるため、今から入渓地点まで戻るのは危険と判断。
道路への登り口を探しながら歩いていると、意外と簡単に見つかりました。

釣れなかったけど川に立てたから良かったかなと思いつつ、ふと川の方に目をやると、なんかすごく魅力的な流れになってる・・・。
1投だけ投げようか・・・でも時間も遅いし・・・
少し悩んで、ちょっとだけ投げてみることにしました。
これが奇跡を起こしました。

まずダウンで一度ルアーを流し、続いて対岸へ。反応無し。ん~やっぱだめか。
そして、これが最後の1投と決め本命の流れへキャスト。

着水後しばらく待ってルアーを沈めてから巻き始める。2,3m程巻いた時・・・「ズドン」
という感触の後、一瞬でロッドが弓のように曲がりとてつもない勢いで何かが突っ走る!
一瞬イダか?と思ったが、それにしてもこの強烈な引きは何だ?!ドラグがジージー鳴ってる。
とにかく正体を見たいと思い、バレないよう再度合わせを入れる。

フックがしっかりと刺さっていることを信じ、やや強引に取り込むと、自分の目を疑った。
イダでも何でもない。岸に横たわったのはパーマークが残りうっすらピンクがかった大ヤマメでした。
a0135797_1857732.jpg

スピナーをがっつり飲み込んでます。
a0135797_18572414.jpg

パーマークわかりますでしょうか。
a0135797_18573410.jpg

サイズはなんと38.5㎝!一尺三寸てところでしょうか。

・・・これは間違いなくじいちゃんが釣らせてくれたんだと思います。
だって昨日の今日ですし、もう帰ろうとしていたところで、最後の1投で、こんな大ヤマメが釣れるなんて・・。
さらに驚くことに、じいちゃんが住んでいた所と、今日このヤマメが釣れた所は、地名が全く一緒なんです。
信じられますか?
こんなの奇跡としか言いようがないと思います。
当然、すぐY氏に電話しました。彼も同じことを言っておりました。

「じいちゃん、ありがとー!!」と独り言を言いながら釣り場をあとにしました。
[PR]
by up-cross | 2009-06-18 17:45 | 釣り

合掌

本日、Y氏のじいちゃんであり、僕らの釣りの師匠であるじいちゃんが亡くなりました。

93歳、大往生だと思います。

通夜には釣り仲間のT氏とN氏も仕事後に駆け付けました。

場所は当然、昔からじいちゃんが釣りをしていたあの川のある町。

Y氏の気持ちを考えると、多くを書く気にはなれません。

じいちゃん、本当にありがとうございました。

じいちゃんを超えることは無理かもしれませんが、一生釣りはやめません。

天国からみんなを見守っていてください。

合掌


(左はこの川のレコードである45㎝のヤマメ。じいちゃんが昔釣られました。右はY氏とじいちゃん)
a0135797_1047778.jpg
a0135797_17422432.jpg

[PR]
by up-cross | 2009-06-15 10:28